一般社団法人 福祉感染予防サポート協会

ICSAとは

私たちの思い

日本の感染予防の現状

清掃をする時、皆さまは何を目的に行っていますか。
「埃が無くなるように。」「色が白くなるように。」など、見た目がきれいになることを目的に清掃をしていませんか。

日本では、見た目のきれいさが求められがちです。
しかし、本来の清掃の目的は、見た目ではなく感染症の原因となる菌を軽減することです。

感染症の原因となる菌を軽減することで、感染症にかかるリスクも軽減します。
感染症にかかると、健康を損なうだけでなく、命を落としてしまう場合もあります。
抵抗力の弱い高齢者や子どもはもちろんのこと、全ての人にとって、感染予防は必要なものなのです。

海外の正しい感染予防

福祉の先進国スウェーデンでは、清掃は専門職の仕事であり、清掃に対して非常に力を入れています。
また、アメリカの国立疾病予防センターが発行する「感染予防に関するガイドライン(米国CDCガイドライン)」は、正しい感染予防が記された、感染予防の世界的基準となっています。
その米国CDCガイドラインでは、
①「日常清掃に消毒剤は不要であること」
②「感染予防の一番の対策方法は手洗いであること」などが記載されています。

福祉施設も知らない「高齢者介護施設における感染対策マニュアル」

実は日本においても、米国CDCガイドラインを元にした「高齢者介護施設における感染対策マニュアル(厚生労働省)」が作られています。
しかし、マニュアルが存在するにも関わらず、その内容は、福祉施設にほとんど知られていません。
そのため、厚生労働省公表のマニュアルは守られず、施設内に持ち込んだ感染症の病原菌を広げたり、増やしたり、外へ持ち出してしまったりして、感染症にかかる人が増えてしまうのです。

なぜ、こんなことが起きているのか

現在、介護に関する公的資格の取得時には、感染予防について学ぶ機会がほぼありません。
厚生労働省公表のマニュアルの存在も伝えられません。
その結果、感染予防を意識した清掃が行われにくい現状なのです。

感染から命と健康を守りたい

「肺炎やインフルエンザを防ぐ方法は、予防接種のみではありません」
「インフルエンザは、学級閉鎖をしないと止められないものではありません」
「急性胃腸炎になったら、家族全員にうつってしまうのは当たり前ではありません」

私たちは、感染から命と健康を守るため、正しい感染予防を普及啓発してまいります。

法人概要

法人名

 一般社団法人福祉感染予防サポート協会

連絡先

 〒544-0001 大阪府大阪市生野区新今里4丁目6番5号
 TEL:06-6755-5111  FAX:06-6755-5112 

代表理事

 宮本 英明

設立

 平成29年9月13日

役員

代表理事 宮本 英明
常任理事 杉本 亜希子
理事   吉村 清市郎
監事   磯田 由里子

特別理事

榎田 啓
平瀬 錬司
三木 ひとみ

お問合せはこちらから TEL 06-6755-5111 受付時間 10:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.