一般社団法人 福祉感染予防サポート協会

感染予防度の評価事業

感染予防度の評価事業とは

感染予防を高い意識で取り組む施設に対し、認定書を発行します。
認定書により、利用者やスタッフの方に、感染予防対策の図られた施設である旨を証明することができます。

また、感染予防に取り組んでいることが視覚化できるので、利用者やスタッフにとっては、安全安心な施設であることが明確に分かり、満足度を向上することができます。

評価事業の特徴

審査の流れ

①当協会に申請書を提出します。
②年6回施設に伺い、施設内の特定箇所の菌数値をATPふき取り検査器にて測定します。
③当協会の基準をクリアした施設については、認定書を交付いたします。

審査方法

年6回、ATPふき取り検査器により、施設内の菌数値を測定することで行います。
施設の定員数(利用者数)に応じて、測定箇所数を決定し、抜き打ちにて測定いたします。

審査費用

認定書発行費用 年12,000円 + 審査費用 年33,000円~(年6回の検査費)

認定書の発行

1年間の認定期限を設け、毎年審査を行い、認定書を発行します。
継続して感染予防に取り組まれ、認定書を発行する施設には、毎年、評価値を増やします。
評価値は星で表し、その上限数は5つ星となっています。

評価事業のメリット

★認定書により、利用者やスタッフの方に、感染予防対策の図られた施設である旨を証明することができます。
★利用者及びスタッフの方々の感染を防ぎ、命と健康を守ることができます。
★感染予防に関する意識がより高まり、継続して感染予防に取り組むことができます。

お問合せはこちらから TEL 06-6755-5111 受付時間 10:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.